不正 競争 防止 法。 不正競争防止法とは? 基本を解説! │ 不正競争防止法とは?基本を解説!

第139回 模倣品・類似品への対応について | 色川法律事務所

😆 技術的制限手段の効果を妨げる装置等の提供 「技術的制限手段の効果を妨げる装置等の提供」とは、 技術的制限手段により制限されているコンテンツの視聴や記録、プログラムの実行、 情報の処理を可能とする(技術的制限手段の効果を無効化する)装置、プログラム、指令符号、役務を提供等する行為 をいいます(不競法2条1項17号、18号) 東京地判平成10月2月25日 インターネットからダウンロードした違法コピーソフトを携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」 で起動させることができる機器を輸入・販売する行為が技術的制限手段の効果を妨げる装置等の提供に該当すると判断された。 具体的には、プロジェクト終了後のデータ 営業秘密 消去義務に違反して当該データ 営業秘密 を消去せずに自己のパソコンに保管し続け、 保有者からの問い合わせに対して、消去した旨の虚偽の回答をする行為等が該当します。

13
この記事を書いた弁護士 西川 暢春(にしかわ のぶはる)咲くやこの花法律事務所 代表弁護士• 裁判例1: 顧客情報持ち出しについて損害賠償を命じた事例 (大阪地方裁判所平成25年4月11日判決) 事案の概要: 中古車販売会社の従業員が退職直前に顧客情報を持ち出して同業他社に転職し、持ち出した顧客情報を利用して、自動車の販売を行ったケースです。 平成18年度改正 [ ] 営業秘密、秘密保持命令違反罪の罰則強化 平成21年度改正(第6次改正) [ ] 営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等 平成23年度改正(第7次改正) [ ] に関する刑事罰導入、刑事訴訟手続の措置等 平成27年度改正(第8次改正) [ ] やによる度重なる機密漏洩事件を受け、不正競争防止法の改正案がに提出された。

不正競争防止法とは? 基本を解説! │ 不正競争防止法とは?基本を解説!

🤩 刑事罰 [ ] 営業秘密侵害罪、誤認混同惹起行為などについては刑罰が規定されている 21条。 BUSINESS LAWYERS 関連記事 「 」 「 」 著名表示冒用行為による無形損害(「ルイ・ヴィトン」事件・東京地裁平成30年3月26日判決) 「ルイ・ヴィトン」事件・ は、ルイ・ヴィトン社の著名な商品表示である「モノグラム」を付した模倣品の販売について、不正競争防止法2条1項2号の著名表示冒用行為に該当するとして、被告に対し、財産的損害に加え、信用棄損等無形的損害の賠償を命じました。

プレスリリース , 経済産業省, 2015年3月13日 , 2015年3月14日閲覧。 - - 外部リンク [ ]• 知らずまたは重過失ではない過失によって、知らずに4〜9号までに掲げる行為(営業秘密のうち、技術上の情報であるものを使用する行為に限る)により生じた物を譲渡し、引き渡し、譲渡もしくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、または電気通信回線を通じて提供する行為(10号) 会社の 秘密管理された顧客名簿を複写して持ち出して、独立・転職・転売した場合や、不正に入手されたライバル会社の営業情報や顧客リストなどを取得した場合の他、ソフトウェア受託開発企業が、顧客から預かった情報を、自ら使用したり、第三者へ開示する場合 限定提供データ(第11〜16号) 「限定提供データ」(業として特定の者に提供する(限定提供性)情報として電磁的方法により相当量蓄積され(相当蓄積性)、及び管理されている(電磁的管理性)技術上または営業上の情報)を、• 不正取得後の営業秘密について、善意(重過失なし)で取得した後に不正取得を事後的に知った又は重過失により知らずに・・・ 営業秘密の使用 営業秘密の開示 具体的には、元の保有者から警告を受けて事実を知ったり、産業スパイ事件が大々的に報道されて事実を知ったにもかかわらず、 取得した営業秘密を使用し、または開示するような行為等が該当します 営業秘密の(正当取得後の)図利加害目的での使用・開示 営業秘密を保有する事業者からその営業秘密を示された場合において、不正の利益を得る目的で、又はその保有者に損害を与える目的で、 その営業秘密を使用し、又は開示する行為は不正競争として禁じられています(不競法2条1項7号)。

不正競争防止法における9つの基本知識【弁護士が徹底解説】

👋 「複製を作成する」 不競法21条1項3号ロ とは、 印刷、撮影、複写、録音その他の方法により、「営業秘密記録媒体等の記載若しくは記録又は営業秘密が化体された物件」と 同一性を保持するものを作成することをいいます。 不正競争防止法に違反する行為とは? 民事措置(損害賠償等)の対象となる行為 不正取得行為 営業秘密の使用 営業秘密の開示 「不正取得行為」とは、 窃盗、詐欺、強迫その他の不正の手段で営業秘密を取得する行為をいいます。 不正開示された営業秘密について、善意(重過失なし)で取得した後に不正開示を事後的に知った又は重過失により知らずに・・・ 営業秘密の使用 営業秘密の開示 具体的には、営業秘密を取得した後に、元の保有者から警告を受けて不正開示行為が 介在していた事実を知りながら、営業秘密を使用または開示するような行為等が該当します。

2
外国の国旗等の商業上の使用等(16、17条)、外国公務員等に対する贈賄行為(18条1項) (3)親告罪(一部) (4)国外犯(一部) (5)刑法による処罰を妨げない 法人処罰(22条) 営業秘密侵害罪の一部とその他の侵害罪の全部:3億円以下の罰金 両罰規定 営業侵害罪における営業秘密の保持への配慮(23条)• 周知性の立証方法としては,「いろかわのカバン」のシェアや売上高,当該表示 の使用期間・使用方法,宣伝広告の方法やそのための投資費用,ネットでの検索順 位,インスタグラムのフォロワー数,雑誌その他のマスメディアでとりあげられた 回数,程度,評価といった客観的データのほか,新たにアンケート調査をすること もあります。

第139回 模倣品・類似品への対応について | 色川法律事務所

🌏 では、 「営業秘密」にあたるためにはどのような要件が必要なのでしょうか? また、 営業秘密に当たった場合、漏洩や不正使用に対してどのような罰則が適用されるのでしょうか? 今回は、 不正競争防止法の営業秘密にあたるための3つの要件と漏洩時の罰則について解説します。 不正競争防止法の構造 条文 規定内容 1 法の目的 2 不正競争の9類型 19 形式上2条に該当する行為があっても規制の対象外となる場合(適用除外規定) 3~15 2条の不正競争行為があった場合の民事上の対抗措置 16~18 外国国旗・紋章、国際機関の標章の不正使用、外国公務員への贈賄 21、22 罰則規定 23~31 刑事訴訟手続きの特例 不正競争の9類型 不正競争の周知な商品等表示の混同惹起(2条1号)類型 地方レベルで需要者に知られている他人の商品の表示と同一ないし類似のものをつけた商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供(以下「販売等」といいます。 正当に取得した営業秘密について・・・ 図利加害目的で、営業秘密を使用 図利加害目的で、営業秘密の開示(不正開示) 具体的には、営業秘密を保有する事業者(保有者)から、営業秘密が従業員や下請企業、ライセンシー等の契約相手に対して正当に提供された場合に、 営業秘密を取得した従業員等が両者の信頼関係に著しく反して当該営業秘密を使用・開示するような行為等が該当します。

10
5 不正競争防止法違反 ~表示・形態の保護(行為規制・非登録型) (1)以上の商標権や意匠権が登録されていない場合に検討するのが,不正競争防止法で す。 証人尋問等を公判期日外で行う決定 証拠開示の際の営業秘密の秘匿要請(30条) 公判記録の閲覧制限 最高裁判所規則への委任(31条) 平成23年に「不正競争防止法第23条1項に規定する事件に係る刑事訴訟手続の特例に関する規則」が制定された。

Q9. デッドコピー商品への対策

🤗 平成27年4月,知財高裁が,高度の美的創作性は不要,「作成者の 個性が発揮され ているか否かを検討すべき」と判示したことから一躍この問題が注目されましたが,その後は,「実用品であっても美術の著作物としての保護を求める以上,美的観点 を全く捨象してしまうことは相当でなく,何らかの形で 美的鑑賞の対象となり得るよ うな特性を備えていることが必要」とされており,伝統的な立場への揺り戻し の動きがみられます。 代表的な不正競争防止法違反の例としては、 1)他人の商品を模倣して作ったり、売ったりする行為 2)商品の原産地等について誤認させるような表示 3)営業秘密を盗んだり、盗ませたり、悪用したりする行為 これは、市場における競争が公正に行われて、どの企業もフェアに活動ができるようにすることを目的として制定されたものとなります。 なお、「横領」 不競法21条1項3号イ とは、 「「保有者から預かった営業秘密が記録された媒体等(営業秘密記録媒体等)又は営業秘密が化体された物件」を自己の物のように利用・ 処分する ことができる状態に置く ことをいいます。

16
BUSINESS LAWYERS 関連記事 「 」 タイトルタグ・メタタグと商品等表示(「タカギ」事件・東京地裁平成30年7月26日判決) 「タカギ」事件・ は、タイトルタグやメタタグが不正競争防止法上の商品等表示に該当するかが争われた事件で、判決はこれを一部肯定しました。 適用除外の類型(19条1項) 適用されない不正競争の類型(2条1項) 商品及び営業の普通名称・慣用表示の使用(1号) 1号、2号、20号、22号 自己の氏名の不正の目的でない使用(2号) 1号、2号、22号 周知性獲得以前からの先使用(3号) 1号 著名性獲得以前からの先使用 (4号) 2号 日本国内で最初に販売された日から3年を経過した商品 (5号イ) 3号 デッドコピー商品の善意取得者保護 (5号ロ) 3号 営業秘密の善意取得者保護 (6号) 4~9号 差止請求権が消滅したあとの営業秘密の使用により生産された製品の譲渡等 (7号) 10号 限定提供データの善意取得者保護 (8号イ) 11~16号 限定提供データと同一のオープンなデータ (8号ロ) 11~16号 技術的制限手段の試験又は研究のために用いられる装置等の譲渡行為等(9号) 17号、18号 条約上の禁止行為 以下、条約上の禁止行為の各類型について、説明します。

手続(差止め・損害賠償・行政上の手続)

😂 年齢:31歳 性別:男 職業:会社員(ソフトウェアメーカー) 家族構成:妻、娘、息子の4人家族 逮捕されて、そのまま留置所に勾留されて、釈放されて家に帰れば離婚届けを突き付けられ、その翌日には家族は実家に帰り、一人部屋に残され冷や飯を食らう。 このように著作権者が訴えなくても逮捕があるのでは…?と不安です… こういうのは警察が動く動かないの違いがあるのでしょうか…? また、同じような事件でも逮捕、書類送検どちらもありますが、どのような違いで分けている?のでしょうか? 著作権元と警察に事情を話しに行くべきなのでしょうか…? 2021年08月26日 16時12分• ドメイン名の不正取得等 「ドメイン名の不正取得等の行為」とは、 図利加害目的(不正の利益を得る目的または他人に損害を加える目的)で、 他人の商品・役務の表示(特定商品等表示)と同一・類似のドメイン名を使用する権利を取得・保有または そのドメイン名を使用する行為をいいます(不競法2条1項19号)。 この秘密管理措置は、「対象情報 営業秘密 の一般情報 営業秘密ではない情報 からの 合理的区分」と 「当該対象情報について 営業秘密であることを明らかにする措置」とで構成されます。

14
迂回装置の提供をしていること 制限なし 不正競争防止法の歴史と経緯 [ ] から、相手の商品を模倣したり、著名な商品名にただ乗りするなどの形で、不正競業と呼ばれる行為は広く行われており、そのために市場における営業上の権利(、など)に係る法律が制定されたが、権利を有していない場合などにおける救済措置は、ほとんど認められていなかった。 詳細な解説(イノベンティア・リーガル・アップデート) 「 」 テレビゲームの名称およびキャラクターと不正競争行為(「マリカー」事件・東京地裁平成30年9月27日判決) は、テレビゲームのキャラクターのコスチュームで公道を走るカートのレンタルサービス「マリカー」の行為が不正競争に該当すると認定したことで話題になりました。

不正競争防止法|コンプライアンス|弁護士法人 法律事務所ホームワン

🤜 「いろかわのカバン」と「かわいろのカバン」という文字商標については,その出 所識別標識として強く支配的な印象を与える「いろかわ」と「かわいろ」という要部 について,外観(=見た目),観念(=意味),称呼(=音・読み方)等によって取 引者・需要者(卸や主要な購入者層であるビジネスマン層)に与える印象,記憶,連 想等を総合して全体的に考察し,取引の具体的取引状況を考慮して判断されます。

11
不正競争防止法 通称・略称 不競法 平成5年法律第47号 種類 効力 現行法 主な内容 不正競争防止について 関連法令 など 条文リンク 不正競争防止法(ふせいきょうそうぼうしほう、平成5年5月19日法律第47号)は、公正な競争と国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止を目的として設けられた、日本のである。 デッドコピー商品への対策 Q: 我が社が日本で製造および販売している商品のデッドコピー品(商品形態の模倣品)が出まわっているのですが、それを止めさせるためにはどのような手段がとれるでしょうか? A: まず、あなたの会社が、その商品について利用されている特許権、実用新案権、意匠権、商標権や回路配置利用権を持っている場合で、デッドコピーにそれらが使用されているのであれば、それらの権利に基づいて、輸入や販売を止めさせることができます。

不正競争防止法における9つの基本知識【弁護士が徹底解説】

⚔ 【営業秘密侵害罪の罰金刑の上限】 旧法 改正法 個人 1000万円 2000万円 (海外重課は3000万円) 法人等事業主 3億円 5億円 (海外重課は10億円) なお、改正法においては、営業秘密が国外へ流出した場合、わが国の産業競争力や雇用に多大な悪影響を及ぼすこと、司法による救済も事実上困難であること、諸外国では海外重課を導入している立法例も多く存在すること等を理由として、 海外企業による国内企業の営業秘密を不正取得・使用する行為に対する抑止力を引き上げるため、罰金刑の上限について海外重罰化が行われています(改正法21条3項、22条1項1号)。 侵害訴訟 [ ] 差止請求権 [ ] 不法行為法の特則として、不正競争防止法3条に差止請求権が規定されている。

13
(代表的な例) 保護 規制行為 要件 期限 の保護 営業秘密や営業上のの盗用等の不正行為を禁止• 14号で取得された情報を第三者が使用または開示する行為(最初から知っていた場合は15号、後から知った場合は16号) 技術的制限手段に対する不正競争行為(第17・18号) デジタルコンテンツのコピー管理技術やアクセス管理技術を無効にすることを目的とする機器やプログラムを提供する行為 CDに納められたゲームソフトのコピープロテクト信号を無効化してコピーされたものを利用可能にする「チップ」を提供する行為 コピープロテクト信号が記録された地上・衛星放送、CD・DVD・BDやインターネット上のストリーミング配信および音楽・映像ダウンロードサービスのプロテクトを解除する機器・ソフトウエアを提供する行為 不正にドメインを使用する行為(第19号) 不正の利益を得る目的または他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等表示と同一または類似のドメイン名を使用する権利を取得・保有し、又はそのドメイン名を使用する行為 大手サイトと類似する紛らわしい名称で、類似のサイトを開設する行為 原産地等誤認惹起行為(第20号) 商品・役務(サービス)やその広告・取引用の書類・通信に、その商品の原産地・品質・内容・製造方法・用途・数量や、役務の質・内容・用途・数量について誤認させるような表示を使用したり、その表示をして役務を提供する行為 国産洋服生地に「マンチェスター」と押捺した行為、「MADE IN KOREA」の表示を外して服を販売した行為、「みりん風調味料」を「本みりん」のように紛らわしい表示をして商品を販売した行為等 競争者営業誹謗行為(第21号) 自己と何らかの競争関係にある他人の営業上の信用を害するような虚偽の事実を他人に告げたり流布したりする行為 ライバル会社の商品が特許侵害品であると虚偽の事実を流布し、営業誹謗を行った行為 代理人等商標無断使用行為(第22号) 外国(条約で保護された国)における商標について、商標権者の承諾無しに、その代理人がその商標と同一または類似する商標を同種の商品、役務に使用し、その商品の譲渡若しくは輸入等を行い、その類似商標を使用して役務を提供する行為 外国製品の輸入代理店が、その外国メーカーの許諾を得ずに勝手にその商標を類似の商品に使用するような行為 訴訟 [ ] 不正競争防止法は、広い権利形態を保護することから、知的財産訴訟の約4分の1近くを占めるに至っており、訴訟においても、非常に重要な領域となりつつある。 。
周知性獲得前からの不正の目的でない使用(1項3号) 商品等表示の知名度・認知度 商品等表示の範囲 混同の要否 不正とされる行為の態様 1号 <周知>需要者の間で広く知られている 同一又は類似 他人の商品又は営業と混同を生じさせる - 使用、使用した商品を譲渡、引き渡し、譲渡又は引き渡しのために展示、輸出、輸入、電気通信回線を通じて提供 2号 〈著名〉 全国的に需要者以外にも広く知られている 〃 (混同は必要ない) 自己の商品等表示として 〃 他人の商品形態を模倣する商品の提供(3号) 他人の商品の形態(当該商品の機能を確保するために不可欠な形態を除く)を模倣した商品を販売等する行為 BUSINESS LAWYERS 関連記事 「 」 商品の形態と商品表示性(「ユニットシェルフ」事件・知財高裁平成30年3月29日判決) 「ユニットシェルフ」事件・ は、無印良品のユニットシェルフの商品形態が不正競争防止法2条1項1号の商品等表示に該当すると判断した東京地裁平成29年8月31日判決・平成28年(ワ)第25472号の控訴審判決で、以下の点が争われました